千切り用グッズには、形がスライサータイプとピーラータイプがあり、さらに仕上がりの太さが違う「細目」と「荒目」があります。

今回はスライサータイプの「荒目」をにんじんで試してみました。

ボウルの縁に引っ掛けられるよう、くぼみがあるのは便利。

長さを揃えるためには丸ごとではなく、切ってから使った方がよいのではないかと。

ある程度までにんじんが小さくなると、刃に指が当たりそうになるので、最後までは切ることができません。
「荒目」だけあってある程度の太さがあり、塩もみしましたが、少しかたく感じられました。サラダなど生食用には若干不向きかも。紅白なますには太すぎます。

ごぼうでも使ってみましたが、刃に指が当たりそうで、すぐに断念しました(笑)